上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
せっかくなので、海にまつわるヘェ?というはなしをちょっとだけ。

「やまのうえのはなし」で、地球上で最も標高が高いのがチョモランマの峰で8850mである。
それでは、最も深いところはどこかというと、日本からそれほど遠くないグァム島の沖にあるマリアナ海溝という海の裂け目みたいなところで、なんと10924mである。
地球の凹は凸に比べて、さらに2000mもの深さがあることになる。

また、地球上にある水分の97%は海水である。
陸にある、いわゆる真水に至っては、たったの3%しかないのだ。
わが故郷を流れる信濃川は、いつ見てもとうとうと豊かに流れているし、日本は豊かな水量を誇る河川が多い。

世界的に見れば、もっとすごい川がたくさんある。
アマゾン川の河口付近は対岸が水平線に隠れて見えないという。
その中州にはベレンという都市があるというから驚きだ。

それでも地球上の水の分布からすれば、陸にある水はたったの3%なのだ。
♪海は広いな大きいな?、というのは紛れもない真実なのだ。

さて、水の物理的な性質として、空気に比べて温まりにくく冷めにくい、というのがある。
地表における温度差は、地域や季節によっても異なるが、大きなところで50℃にもなる。
特に湿度の低い、乾燥した内陸地域は、寒暖の差が著しい。

シルクロードの要衝、中国の新疆ウィグル自治区のカシュガルでは、ストーブにあたってスイカを食べる、という表現がされるほど一日の中の温度差が激しい。
実際私が訪れた時にも、日中は熱射病で倒れるかと思うほどの暑熱が街を包んだ。
あまりの暑さに、私は宿の近くの散髪屋に飛び込み、頭を丸坊主に刈ったくらいだ。
しかし夜の帳が下りて、道路傍に煌々と電灯を灯した夜市が開かれる頃になると、昼間の暑さはどこかへ吹っ飛び、代わって冷々えした冷気が街を包んだ。
私は街の人々がそうしているように、背中を丸めながら夜市の屋台で、激辛熱々の羊鍋を啜って暖をとった。

ところが海水の温度差は、ほぼ地球全域で5℃以内に治まっている。
これは陸上の50℃からの温度差と比べ、たいへん小さいと言える。
これは前述した、水の持つ温まりにくく冷めにくいという物理的特性による。

実はこのたいへん小さな温度差が海中の環境を穏やかなものとし、その結果として生物が海から誕生したのだ。
海から生まれた最初の生物は進化を繰り返し、やがては陸上にも進出した。
われわれ人類も永い目で見れば、海の中から生まれてきたと言える。

その証拠にわれわれ人類を含めた陸上の動物は体の内に海を持つ。
それは血液である。
海水と血液の塩分やミネラルの組成は非常に似通っている。
これこそが、陸上動物が原始の海洋から生まれてきた証と言える。

もうちょっと専門学的な話になるが、よろしいだろうか。
羊水の中に浮かぶ胎児は、さながら海洋に漂う生命に他ならない。
生物の比較発生学の定義に、「個体発生は系統発生を繰り返す」という銘文がある。
どういうことかというと、一匹の動物が受精卵から発生して成長していくそのプロセスは、その動物が進化してきた遥か過去のプロセスを順に繰り返していく、という意味である。

もっと解りやすくいうと、人間の胎児を受精卵からずっと観察していくと、ある時期のステージでは、
胎児の両横に鰓(エラ)が発生する。
これは引き続き経過観察していくと、やがては肺に変化していく。
興味深いのは、人間の胎児だからといって、いきなり肺が完成するのではなくて、進化のプロセスを忠実に実行して、まず魚類だった頃に保有していたエラを作って、そこから更に進化して、肺を発生させていくという事実だ。

われわれ人類を含めた陸上動物は、その生命の発生の時点から海との関わりを保ち続け、生き続けている。
その海の中を目指す旅は、人類が辿った生物としてのルーツを遡行する旅なのかも知れない。
sDSC01894.jpg
[タイ@ピピ島 海は生命の源と実感できる魚影の濃さに圧倒される]
スポンサーサイト
2008.11.11 Tue l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲
地球の7割は海だ。
ということは、地図上の全ての国々を隈なく旅歩いたとしても、地球規模からすればたった3割しか旅をしていないことになる。
誰もが当然思うことであるが、私も旅はその内容が大切だと思っているので、何十カ国、何百カ国旅したとしても、それは何の自慢にもならぬのだが、何やらちょっと悔しい。

でも大きな荷物を背負って地上を旅するのと同様に、少々重いが圧縮空気のタンクを背負うことによって、残りの7割を占める海の中へと旅することができるようになる。
これがご存知スキューバ・ダイビングというものであるが、職業的潜水とは異なり、独自のダイビングプランニングテーブル(潜水理論)を元に絶対的に安全なレクリエーショナル・ダイビングが満喫できる。

どこまで深く潜ることが出来るかは、その人間生態的能力や装備等に大きく依存するが、レクリエーションの範疇で潜るのであれば、せいぜい30m程度までで十分であろう。
(もちろんそれよりやや深いところにあるポイントも数多くあるが...)

陸の旅に飽きる訳ではないが、私は時折海の中へと旅をする。
一回のダイビングで海中に滞在できる時間は、深さにもよるがせいぜい50分程度である。
重力から解き放たれて独特の進化を遂げる海中生物を眺めているだけで、あっという間に過ぎてしまうくらい短い時間である。

山の上も良いが、海の底も例えようのない魅力に溢れている。
sDSC02002.jpg
[タイ シミラン諸島 入域制限のある国立公園は魚たちの楽園]
2008.11.05 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
やまのはなしと題しながらちっとも山の話にならないので、今稿こそはきちんと山の話をしよう。
それもうんと高い山の話。

神々の領域といわれる8000m級の山々は総じて急峻で、常に極寒の世界である。
植物の高度分布を楽に越えたこの領域は草木一本ない荒涼とした世界が広がる。
加えて、数々のクライマーを飲み込んだ逸話などからして、荒々しく男性的であると言える。

地球上で最も高い位置にあるのはチョモランマの峰で、標高8850mもある。
高さの実感が把握しにくいかも知れないが、富士山の標高はは3776mだから、富士山を海面からすぐの高さから縦に二つ重ねたとしても、まだ足りないくらいなのだ。
そして人間はその高度にすぐには順応できない。
空気は高度を増すたびに希薄になっていき、当然一定体積に占める酸素量はどんどん少なくなっていく。
2000mを越すくらいから敏感な人は高山病の症状を表し始める。
5000mを越すと、通常呼吸では脳が代謝を行うのに十分な酸素量が確保できず、重篤な高山病に見舞われることがある。

さらに8000mとなると、これは常人では到達できない高度となる。
体内に取り込まれた酸素を運搬するのは赤血球中で、その中に含まれるヘモグロビンという鉄色素が酸素と結びつく役割を担う。
少ない酸素分圧の大気中でいかに効率よく酸素を吸収し、体組織に運搬できるかという身体的能力がどれだけ優れているかが、この神々の領域と称される標高8000m越えの世界に踏み入るための鍵となる。

その能力であるが、私の場合はほとんど備わっていなかったようだ。
3000mほどで、すぐに高山病の症状が顕れた。
激しい頭痛と疲労感が襲い、食欲も徐々になくなっていった。
雪の白さが陽光を跳ね返し、天空を貫く剣のような山々の頂きも、青みを増した空の色も、残念ながらあまり記憶にない。
かろうじて幾枚かの写真が残っているのが、せめてもの救いか。

写真は「風の谷のナウシカ」のモチーフになったと言われるフンザ地方を訪れたときのもの。
ここは標高26660フィート(8125m)の名峰ナンガパルバットを望むビューポイントだ。
この辺りですでに標高3000m。
高山病の激しい頭痛をこらえて、にこやかに笑う自分の姿が情けなくも誇らしく思える。
nangaparbat.jpg
[パキスタン フンザ地方 名峰ナンガパルバットを望む。]
2008.11.03 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
山の少ない平らな国というと、タイもまたそういう国だ。
ただし、まったく山がないかというとそうでもなく、タイ北部にはビルマのシャン高原に連なる2000m級の山々が美しい稜線を見せている。

しかしここは阿片の山である。
今はもうその面影もタイ側ではなかなか見ることは出来ないが、かつてはシャン州一帯を支配下にいたクン・サーがその資金源としてケシの栽培を行っていた。
その栽培を担っていたのが、山中に暮らす少数民族である。

私はビルマ側の事情にはあまり詳しくはないが、タイ側ではアカ、ラフ、リス、ヤオ、カレン族などが、まったく罪の意識なしにケシの栽培に従事していた。
ケシから抽出されたものが阿片であり、さらにこれを高度に精製することによりヘロインが生まれる。
覚醒剤については私が語るべき範疇ではないのでここでは割愛するが、述べておかなければいけないのは、山岳少数民族たちは自らの栽培したケシが最終的にどのような目的で使用されるかを知る者はほとんどいないということだ。

地味の乏しい山岳地帯で自給自足の暮らしを営む彼らにとって、ケシが換金に有利な作物として脚光を浴びる遥か以前から、彼らは祭事への利用やほんの僅かに個人的に私用するためにケシを栽培してきた。彼らにとってのケシは、人間性をも破壊する危険な薬物ではなく、自らが信仰するアニミズムの神へ精神的に近づく手段であり、疲労や空腹を忘れるための身近な嗜好品だったのだ。

それを利用したのは時の権力者であり、彼らに罪はない。
ところが少なからずタイでは、そういった悪事が全部山岳少数民族の所為にされている気がする。
現在タイでは、阿片やヘロインとは違う、ヤーバー(馬鹿薬の意)の蔓延が社会問題となっている。
(たぶんアンフェタミン製剤だと思うのだが、試してないので解らない。)

青少年からいい大人までが、気軽に手を出し、そしてヒトでなくなっていく。
阿片は燃焼煙を吸引する手間がかかる。ヘロインは静脈内に投与するため注射針が必要だ。
ところがヤーバーは錠剤だから、酒と一緒にさっと飲み込むことが可能だ。

ヤーバーのほとんど全てはビルマから流入する。
そしてその運搬を担うのが山岳少数民族である、とされている。
学校でもそう教える。
「悪い薬を運ぶのは誰ですか?」「森の木を切る悪い人は誰ですか?」
その答えは全て「彼ら」である。

本当に悔しいが、それは一部事実である。
私は家族ぐるみで付き合うアカ族の友人がいる。
彼は日本にも留学経験があるエリートで、山岳少数民族の自立支援のNGOの代表である。
彼曰く、山岳少数民族は肥沃な平地の土地も持てず、山中での焼畑農業や森林伐採を禁じられ、教育さえ満足に受けられぬまま、それでもタイの中で生きていかなければならない。

働こうとしても、タイ人の最低限の給与よりも遥かに低い賃金で酷使される。
かといって山の中での自給自足では豊かな生活は望むべくもない。
このような逼迫した状況の中で、犯罪に手を染めてでも一攫千金を狙う発想が生まれても不思議ではない。

事実、生まれたばかりの乳飲み子のためにヤーバーを運んで刑務所に入った男を知っている。
どこにでもいる普通の親だ。気さくでやさしい普通の男だ。
運んで捕まって数年の刑期を終えて出てきたときには、乳飲み子だった子どもは幼な子にまで育っていたが、父親に抱かれて幸せそうであった。

私はそいつを責めない。
豊かな国の正論で彼を裁いてはならない。
もし私が同じ状況だったら、躊躇わずに同じ事をするかもしれない。
その薬のために他の誰かが不幸に、などとは考えない。
目の前にいるわが子のために、目の前にぶら下げられた仕事をこなすだけだ。
ためらいはない。
sCF0001.jpg
[タイ チェンライ県の山奥、アカ族の村 子ども抱いて男は照れた表情に]
2008.11.02 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
そこに山があるから、登山家は山に登るのだという。
私はとりわけ山が好きなわけではないが、山の向こうに目指す街があれば、敢えてその山を越えることになる。

日本は山国と言われながらも、世界レベルで標高が突出した山はひとつもない。
最高峰の富士山が3776mで、当然ベストテンにはランクインしていない。
だからといって名峰がないわけではなく、日本の山は美しい山がとても多いと思う。
私が好きなのは、青森から秋田にかけての八甲田山系、山形の鳥海山系、新潟の八海山系など、標高こそそれほど高くはないが、四季の変化に富んだ美しくなだらかな、どちらかというと女性的な稜線の山々である。(住んでいる場所の関係で北部山系が上位に挙がります...)

写真がないのが残念だが、晩秋の鳥海山は私の中では日本一の山である。
頂上付近は初観雪に覆われ白化粧。
中腹は見事な紅葉に彩られ燃えるような深紅に染まる。
そして山麓はまだ緑成す木々の鮮やかさが眼に冴える。
ひとつの山が三色に彩られた様子は、一回でいいから見て欲しいオススメの景色である。

このように日本はそこそこ凸凹の起伏に富んだ地形をしているわけだが、逆に山がほとんどないという平らな国も多い。

ポーランドは現地の言葉で、ポー(平らの意)ランド(国)というのが語源らしい。
その語源どおり山の少ない広くて平らな国だ。
確かに、ポーランドで鉄道に乗って最後尾の車両から後方を眺めると、線路が地平線の彼方に消えていく。
周囲の旧東側諸国の中でも、その地理的条件により、鉄道網が良く発達しているので、旅がとてもしやすい国だった。

ポーランドの鉄道のことを思い出しながら書いているうちに、あまり思い出したくない記憶へ辿りついてしまった...
いつか別の稿で詳しく書くつもりなので、ここでは多くは述べない。
もうこれは当然過去の話である。(当事者にとっては永遠に過去の話にはならない)
現在は使用されてはいないが、ポーランドのある鉄道線の終着駅は、そこから別の鉄道線は伸びていない。
その先にもなだらかな平野が遠くどこまでも続くのに!である。

なぜならそこは、ナチスがビルケナウ強制収容所へ無辜の民を引き入れるための専用線だったからだ。
その先には何もない...
当たり前だ...駅に着いてそこから次の地へ行けた人など誰もいなかったのだ!

もっともっと書き殴りたいが、ここでは書かない。
別の機会に、その当時感じたことを全て書き連ねるつもりだ。
poland.jpg
[ポーランド ビルケナウ強制収容所全景 この先に伸びる鉄道線はない]
2008.11.01 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。